受付時間

ふたば鍼灸整骨院 0353084767

ネット予約

過敏性大腸症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ・下痢が三日以上継続している。
  • ・下痢と便秘が交互に繰り返すことがある。
  • ・通勤中や通学中などに急におなかが痛くなることがある。
  • ・帰宅時や休日はおなかが痛くなる頻度が少ない。

過敏性大腸症候群とは|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

過敏性腸症候群は、消化器の病気の中で一番多く見られる病気の一つで、腸に何も異常がないのにもかかわらず、腹痛を伴った便秘や下痢が続きます。

過敏性腸症候群を発症しやすい人の特徴は

  • ・神経質気味の人
  • ・生真面目な人
  • ・ストレスを受けやすい性格 などが挙げられます。

便通異常を持つ患者様の三割弱は、過敏性腸症候群と診断されています。

  • ・女性の場合は20代と50代
  • ・男性の場合は30代と40代に多く
  • ・近年は小・中学生など若年層も増加傾向にあります。

過敏性腸症候群を予防するには|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

1、自律神経を整えること

・不規則な生活習慣
・暴飲暴食
・過度なストレス
・慢性疲労

これらは自律神経のバランスを乱します。

心身ともに健康であるために

  • ・ストレス発散
  • ・栄養バランスの整った食生活
  • ・適度な運動
  • ・身体を温めること など

意識的に身体を労る日常生活を取り入れることが大切です。

適度な運動は、血のめぐりをよくすることとストレス発散のどちらにも繋がりますので、少しずつでも継続的に身体を動かす習慣をつけましょう。

2.十分な休養による疲労回復

よく眠ることは、身体を健康的に保つ上で非常に重要な要素です。

自律神経の誤作動を誘発しないためにも、しっかりと休養し身体に疲労を溜め込まないようにしましょう。

3.早めにストップをかけること

ストレス社会の現代です。

気づかないうちに積み重なり、ある日突然発症することも多いのがパニック障害です。

もしかして‥とご自分で思い当たる節があれば

  • ・生活の見直し
  • ・ワークライフバランスの再考 など

日常生活を抜本的に変える必要もあるかもしれません。

我慢しすぎて改善する可能性は低いので、早めに勇気をもってストップをかけ専門医へ相談しましょう。

早めの受診は、症状の悪化を食い止めることに繋がります。

過敏性腸症候群の原因と注意点【重要】|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

過敏性腸症候群は、自律神経の影響が大きいと考えられています。

パニック障害の原因の1つとして、骨盤の中央にある仙骨の周りの筋肉が硬く緊張状態に陥っていることがきっかけで自律神経を刺激していることが考えられます。

背中の周りの筋肉が

  • ・猫背になったり
  • ・緊張しやすい

その背景には、現代社会が

  • ・ストレス社会
  • ・デスクワーク
  • ・スマートフォンやタブレットの長時間使用 などが考えられます。

背中の筋肉の緊張が原因と考えられるケースでは、

  • ・筋肉を緩めるストレッチ
  • ・マッサージ
  • ・鍼治療 などが有効です。

過敏性腸症候群の施術方法|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

当院の、過敏性腸症候群へのアプローチ方法

当院のパニック障害へのアプローチ方法

1、問診・視診

まずは患者様のお身体のお悩みについて、問診で詳しくお聞かせください。

過敏性大腸症候群は、私生活やお仕事中に症状を引き起こす原因が隠れていることが多いため、時間をかけてじっくりとより細かなことまでお伺いします。

また、過敏性腸症候群以外にも、似ている症状を持つ疾患はあります。

患者様の今回の症状が他の疾患に該当しないか、急を要する病態かどうかなど、鑑別診断もいたします。

さらに、来院時や院内誘導時に患者様の動きやお身体の使い方などもよく拝見して、治療に役立てております。

2、的確な運動検査、細部にこだわる触診

問診と視診をもとに的確な運動検査や細部までこだわる触診を行い、時間をかけてお悩みの原因をあらゆる角度からしっかりと探ってまいります。

過敏性大腸症候群の原因になりうるストレスや肉体的疲労も、よく全身の筋肉に現れるので、患者様の症状がストレスと関係性があるのか、筋肉の状態からも確認いたします。

3、ご説明とご提案

まず、問診、視診、運動検査、姿勢分析、触診から得た患者様のお身体の状態を総合的に判断し、現在の状態をご説明します。

その上で、今のお身体の状態に合わせた最適な治療法をあわせてご提案いたします。

当院では納得いただけるまで丁寧にご説明し、患者様ご自身がよくご理解・ご納得の上で施術に入っていただくことを心がけております。

4、背中と首を重点的にケア

過敏性腸症候群の場合は、自律神経や筋肉のケアをし、症状の改善を促します。

具体的には、自律神経の症状は背中の筋肉に緊張が出ることが多いので、まずは背中からアプローチします。

次に首周りの筋肉に移り、循環不良の改善を図ります。

首周りと背中の筋肉の緊張をしっかりと緩めることによって、肋骨を含む呼吸に関連する骨格系がぐっと開きます。

そうすることで、一呼吸で体内に酸素を取り込める量が格段に増え、結果として血液循環の改善や自律神経の調和に繋がります。

5、通院後のフォロー

患者様が治療を続けられるようにお一人おひとりに合わせた無理のない通院計画を一緒に立てさせていただきます。

また、ご自宅でも安心して日常生活を送れるようにライフスタイルに合わせた生活指導や運動指導も適宜ご提案いたしますので、症状の改善に向けて不安なことは、いつでもご相談ください。

お問い合わせ

ふたば鍼灸整骨院

0353084767

住所

〒164-0013
東京都中野区弥生町3丁目27-14

診療時間

[平日]午前 9:00~12:30
午後15:30〜20:00

[祝日]午前9:00
〜午後17:00(昼休みなし)

[休診日] 日曜日のみ

受付時間