中野区・中野新橋でルーズショルダー治療なら|ふたば鍼灸整骨院

受付時間

ふたば鍼灸整骨院 0353084767

ネット予約

ルーズショルダー

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩がだるい、肩が重い
  • 運動時に鈍痛がある
  • 重いものが持てない、腕が抜けるような感じがする
  • 投球やスパイクなど、オーバーアーム動作を行うスポーツをしている

ルースショルダーとは?|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

肩関節に多大な弛緩性が見られ、動作時に関節の不安定性が出現するために、疼痛や運動制限、脱臼感などを生じる疾患です。20歳代までの若年者に多く見られ右左両側の方に症状を訴えることが多いです。

ルースショルダーが治らない・悪化する理由とは?|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

ルーズショルダーで一番多い病態の一つが、筋肉が低下している場合です。特に腱板機能が低下しています。

腱板は肩甲骨と上腕をつなぐ筋のことを言いますが、腱板の一番の役割は肩関節を安定させることです。この肩関節に一番近い筋肉が衰えているため、肩関節が緩くなってしまうのです。

また、肩甲胸郭関節(肩甲骨と肋骨の間にある関節)機能が低下している場合も考えられます。この関節は、肩関節が十分な機能を発揮するための土台となる部分です。この土台が安定していないため、肩関節そのものに異常はなくても不安定な状態になってしまうことがあります。

筋肉の低下やそれに伴った硬さが原因ですので、こうして改善されない状態でいると更に筋肉が固くなり、血液循環の悪化からより筋力は低下していきます。現在は無症状であっても早目に改善することが大切です。

ルースショルダー改善に必要なのは?|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

ルースショルダーの改善には

  1. 1.筋肉を使いやすくし筋力を向上させること
  2. 2.骨盤や骨格のゆがみを矯正すること

この2つが重要です。

具体的な治療フロー

1.筋肉を使いやすくし筋力を向上させること→腱板の筋硬結に直接アプローチ

ルースショルダーが発症しやすいのは20歳代までの若年者です。肩の疾患の多くは運動不足で起こるものが多いですが、該当する年齢の方々が運動不足であるというのは考えにくいです。では何が原因か?

それは運動の際にうまく体全体を使えておらず負荷をかけている筋肉と使えていない筋肉に分けられてしまうからです。

結果部分的に筋肉が運動不足な状態、筋力が低下している状態になるということです。

まずは筋力が低下している筋肉を見つけ、筋硬結を治療することが大切です。

2.骨盤や骨格のゆがみを矯正すること→骨盤や脊柱を正しい位置に戻す

筋硬結を取り除いても数日経つとまた症状が出てきます。

これは筋肉の性質上、元に戻りやすいというもので仕方のないことです。

人体の土台となっている骨盤のバランスが崩れていては治療効果が長続きしませんし、根本の改善になりません。

私達の骨盤は【鉢植えの花】に例えると分かりやすいです。

傾いてバランスの悪い鉢では茎も葉も花も綺麗に育ちません。

傾いてバランスの悪い骨盤では足腰、更に言うと腕も首も楽にはなりません。

筋肉や筋膜を緩めた上で骨盤のバランスを整えることで、結果として自然体の動きを取り戻し根本的な原因の改善が見込めます。

当院が誇る「MPF療法」

医学的および生理学的根拠に基づいた徒手療法です。

筋肉を適切に圧迫、摩擦すると

  • ・血のめぐりがよくなる
  • ・筋肉の痛みの軽減
  • ・硬さやしこり、しびれの改善、など

様々な症状に効果が見込めます。

その効果のほどからMPF療法は、「触るレントゲン」と呼ばれるほどです。

MPF療法はルースショルダーだけでなく、日常生活におけるこんなお悩みにも‥

  • ・捻挫や打撲などによる筋肉や関節の痛み

  • ・五十肩で肩が上がらない

  • ・階段の上り下りで足腰が痛い、など

熟練した専門家の手によって患者様のお身体の状態をみて、今の状態にぴったり合った施術を行います。

まさにオンリーワン・オーダーメイドな治療なので、揉み返しも少なく筋肉の状態の改善が見込めます。

ルースショルダーの施術方法|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

当院のルースショルダーへのアプローチ方法

1、問診・視診

まずは患者様のお悩みについて、問診で詳しくお聞かせください。

さらに、来院時や院内誘導時に患者様の動きやお身体の使い方などもよく拝見して、治療に役立てております。

2、的確な運動検査、細部にこだわる触診

問診と視診をもとに的確な徒手検査や一ミリ単位の細部までこだわる触診を行い、お悩みの原因を細かく探ってまいります。

3、ご説明とご提案

まず、問診、視診、運動検査、姿勢分析、触診から得た患者様のお身体の状態を総合的に判断し、現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療法をあわせてご提案いたします。

納得いただけるまで丁寧にご説明し、患者様ご自身がよくご理解・ご納得の上で施術に入っていただくことを心がけております。

4、触るレントゲンMPF療法で細部までケア

ルースショルダーの場合、局所の筋肉の硬さや骨格のゆがみが原因となり腱板の筋力低下が見られることが多いですが、触るレントゲンと呼ばれるMPF療法の特性を最大限に生かし、患者様の症状に合わせて施術を行います。

原因となっている筋肉に直接的に刺激を加えることによって、痛みの軽減、血のめぐりや組織修復を促し、早期改善を図ります。

5、通院後のフォロー

改善に向けて患者様が治療をきちんと続けていけるように、患者様一人ひとりに合わせたオンリーワンな通院計画を一緒に立てさせていただきます。

また、安心して日常生活を送れるようにライフスタイルに合わせた生活指導など、アフターフォローもさせていただきます。

中野区・中野新橋 ふたば鍼灸整骨院へのお問い合わせ

ふたば鍼灸整骨院

0353084767

住所

〒164-0013
東京都中野区弥生町3丁目27-14

診療時間

[平日]午前 9:00~12:30
午後15:30〜20:00

[祝日]午前9:00
〜午後17:00(昼休みなし)

[休診日] 日曜日のみ

中野区のふたば鍼灸整骨院の地図

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表・アクセス

患者様の声

よくある質問

スタッフ紹介

ブログ