受付時間

ふたば鍼灸整骨院 0353084767

ネット予約

石灰沈着性腱板炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 激しい痛みで肩が全く動かせない
  • 夜間に激しい痛みが起こる
  • 家族の人が石灰沈着性腱板炎になったことがある
  • 重いものを持ち上げる仕事をしている
  • 野球やテニスなどの、手を上に挙げる動作が多いスポーツをしている
  • 以下のような持病がある
    糖尿病、甲状腺機能の異常、関節リウマチ、腎臓結石、尿路結石、痛風

石灰沈着性腱板炎とは?|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

石灰沈着性腱板炎で腱、滑液包、腱鞘滑膜などの肩周辺の軟部組織にアパタイト結晶が沈着し炎症を引き起こすものです。40歳から60歳の女性に好発します。

症状は突然夜間に始まることが多く、激しい疼痛で肩を全く動かせず熱感を伴う場合もあります。

石灰沈着性腱板炎の原因は?|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

石灰沈着性腱板炎の発生の原因は、完全に解明されているわけではありません。

腕を挙上する動作を続けると、腱がすぐ上にある肩峰という骨にぶつかる(インピンジメント)ことが頻繁となります。このことで腱内に軟骨や線維性の変性が起き、変性した腱からカルシウム塩が分泌され蓄積されると考えられています。よって、筋肉の柔軟性の低下と身体のバランスの崩れからくるものだと考えられます。

また加齢によっても腱の変性が起きやすくなります。

石灰沈着性腱板炎の改善に必要なのは?|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

肩甲上神経絞扼障害の改善には

  1. 1.筋肉を使いやすくし腱板への負担を減らすこと
  2. 2.骨盤や骨格のゆがみを矯正し姿勢を改善すること

この2つが重要です。

具体的な治療フロー

1.筋肉を使いやすくし腱板への負担を減らすこと

当グループでは石灰化沈着性腱板炎の原因を筋肉の柔軟性の低下と身体のバランスの崩れからくるものだと考えます。

肩を酷使することによって筋肉は硬くなり柔軟性はなくなっていきます。

柔軟性のなくなった筋肉は関節にかかる負担を緩和することができなくなり普通より多くの衝撃がかかってしまいます。負担のかかった筋肉は繊維化といって軟骨と同じ成分が分泌されます。

その際にカルシウム塩も一緒に分泌されて沈着を起こしてしまうと考えられます。

柔軟性を失った筋肉には筋硬結という固くなってしまった筋肉が存在しますので、そこにアプローチを掛けていきます。

2.骨盤や骨格のゆがみを矯正すること→骨盤や脊柱を正しい位置に戻す

筋硬結を取り除いても数日経つとまた症状が出てきます。

これは筋肉の性質上、元に戻りやすいというもので仕方のないことです。

人体の土台となっている骨盤のバランスが崩れていては治療効果が長続きしませんし、根本の改善になりません。

私達の骨盤は【鉢植えの花】に例えると分かりやすいです。

傾いてバランスの悪い鉢では茎も葉も花も綺麗に育ちません。

傾いてバランスの悪い骨盤では足腰、更に言うと腕も肩も楽にはなりません。

筋肉や筋膜を緩めた上で骨盤のバランスを整えることで、結果として自然体の動きを取り戻し根本的な原因の改善が見込めます。

当院が誇る「MPF療法」

医学的および生理学的根拠に基づいた徒手療法です。

筋肉を適切に圧迫、摩擦すると

  • ・血のめぐりがよくなる

  • ・筋肉の痛みの軽減

  • ・硬さやしこり、しびれの改善、など

様々な症状に効果が見込めます。

その効果のほどからMPF療法は、「触るレントゲン」と呼ばれるほどです。

MPF療法は肩甲上神経絞扼障害だけでなく、日常生活におけるこんなお悩みにも‥

  • ・捻挫や打撲などによる筋肉や関節の痛み

  • ・五十肩で肩が上がらない

  • ・階段の上り下りで足腰が痛い、など

熟練した専門家の手によって患者様のお身体の状態をみて、今の状態にぴったり合った施術を行います。

まさにオンリーワン・オーダーメイドな治療なので、揉み返しも少なく筋肉の状態の改善が見込めます。

石灰沈着性腱板炎の施術方法|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

当院の石灰沈着性腱板炎へのアプローチ方法

1、問診・視診

まずは患者様のお悩みについて、問診で詳しくお聞かせください。

さらに、来院時や院内誘導時に患者様の動きやお身体の使い方などもよく拝見して、治療に役立てております。

2、的確な運動検査、細部にこだわる触診

問診と視診をもとに的確な徒手検査や一ミリ単位の細部までこだわる触診を行い、お悩みの原因を細かく探ってまいります。

3、ご説明とご提案

まず、問診、視診、運動検査、姿勢分析、触診から得た患者様のお身体の状態を総合的に判断し、現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療法をあわせてご提案いたします。

納得いただけるまで丁寧にご説明し、患者様ご自身がよくご理解・ご納得の上で施術に入っていただくことを心がけております。

4、触るレントゲンMPF療法で細部までケア

石灰沈着性腱板炎の場合、棘上筋や棘下筋といった肩周辺の筋肉の石灰化やそれに伴った筋力低下が見られることが多いです。

触るレントゲンと呼ばれるMPF療法の特性を最大限に生かし、患者様の症状に合わせて施術を行います。

原因となっている筋肉に直接的に刺激を加えることによって、痛みの軽減、血のめぐりや組織修復を促し、早期改善を図ります。

5、通院後のフォロー

改善に向けて患者様が治療をきちんと続けていけるように、患者様一人ひとりに合わせたオンリーワンな通院計画を一緒に立てさせていただきます。

また、安心して日常生活を送れるようにライフスタイルに合わせた生活指導など、アフターフォローもさせていただきます。

【石灰化沈着性腱板炎はよくなるの?ふたば整骨院】

石灰化沈着性腱板炎で出てくる痛みは通常2週間から4週間で軽減していきます。

しかし、個人差によって変わってきます。6ヶ月以上続く場合もあります。

症状の程度によっては整形外科医と相談しての外科的な手術や石灰部位への注射、石灰の吸引などをすることも出来ます。そういったご案内もご提案させていただきますので、一度お身体を見させてください。

中野区・中野新橋 ふたば鍼灸整骨院へのお問い合わせ

ふたば鍼灸整骨院

0353084767

住所

〒164-0013
東京都中野区弥生町3丁目27-14

診療時間

[平日]午前 9:00~12:30
午後15:30〜20:00

[祝日]午前9:00
〜午後17:00(昼休みなし)

[休診日] 日曜日のみ

中野区のふたば鍼灸整骨院の地図

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表・アクセス

患者様の声

よくある質問

スタッフ紹介

ブログ