受付時間

ふたば鍼灸整骨院 0353084767

ネット予約

内反小指

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ハイヒール歩行が痛い
  • 足の小指の変形、骨が当たって痛む
  • 歩行の不安定感
  • 今まではけていた靴が痛くて履けなくなった

内反小趾痛の原因とは?|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

足の小指が内側に曲がってきている人は内反小趾の可能性の疑いがあります。

内反小趾を放置すると小指が薬指に食い込んで痛みが生じることもあります。歩き方のバランスが崩れ、疲労が全身に蓄積されるのも内反小趾の症状のひとつです。

人間の足は毎日の習慣によって不具合を生じることがあります。その中でも足の指に起きるトラブルとして覚えておきたいのが内反小趾です。足の小指側に一定の圧力がかかり続けた結果、炎症やタコ、ウオノメが発生するのが主な症状です。タコ、ウオノメは血行不良が原因です。

内反小趾は突然発生するのではなく、靴を履いているときの違和感を無視した結果起きる症状といえます。

靴の中で足の指が擦れる、足全体が靴の中で動くといった違和感を放置していると足の小指側にストレスがかかって内反小趾が生じます。

脚の形に注目すると「内股」や「ガニ股」、「O脚」の人ほど、内反小趾になりやすい傾向にあります。こうした体型の人は足を踏み出すときに小指側が擦れやすいです。

今では減りましたが、歩くときに上手くバランスが取れないほど高いヒールを履いていると重心を調節するために小指側が圧迫されやすくなります。内反小趾は靴や歩き方に配慮することで予防できる症状です。

患者さん本人が、内反小趾かどうか早めに察知することができれば、治療や改善策に乗り出しやすくなります。

内反小趾は小指が内側に曲がってしまった状態なので、小指の角度を測ることでセルフチェックが可能です。足の小指の付け根を起点に足の小指の角度を計測してください。

小指の付け根がわかりにくい人は第5足骨と呼ばれる骨に合わせて測りましょう。

小指の角度が10度未満の場合は正常です。10度以上20度未満であれば軽症20度以上30度未満なら中度の内反小趾と判断できます。

30度以上小指に角度が付いてしまっている人は重症です。

内反小趾の原因としてチェックしておきたいのが靴です。足に合っていないサイズの靴を履いていると内反小趾が誘発されやすくなります。

また、内反小趾は足裏のアーチと深く関係している症状です。足裏のアーチがなくなり平たくなると、足全体が潰れて横に広がります。広がった足の側面、その中でも小指が靴と擦れることで内反小趾が出来上がります。

また、爪先が細い形状の靴も内反小趾を引き起こす原因のひとつです。内反小趾を予防したい人は靴の見直しから取り組みましょう。

内反小趾の症状は足の形状の変化と痛みの2種類に分けられます。

形状の変化として目につきやすいのが、小指の屈曲です。小指が付け根から10度以上曲がった状態は内半小指の典型的な症状といえます。

小指が曲がった結果、小指の付け根が足の外側に出っ張ってしまうのも形状変化のひとつです。内反小趾になると小指が靴に何度も擦れ、炎症を伴う痛みです。

長期間、内半小指を放置すると足以外の部位にも悪影響を及ぼすことがあります。内半小指で足の形状が歪むと歩き方にも変化が生まれます。歩き方は不安定であることが多く、身体全体がすぐ疲れてしまいます。

また、曲がってしまった小指の先端が薬指に食い込み、痛みを生じさせます。

人間の痛みの種類によっていくつかのパターンに分かれています。具体的には以下の3つです。

  • ・筋肉による痛み

  • ・神経による痛み

  • ・内臓疾患による腰痛筋肉が原因で起こる痛みは筋肉細胞の細かい断裂や損傷が原因と言われています。

長時間にわたって同じ姿勢や無理な体制を続ける事で、筋肉の酸欠や栄養不足を起こし、腰痛へとつながっていきます。筋肉以外が原因で起こる腰痛も多数あり、当院では問診時に、この識別診断を行うことで原因を追究していきます。

内反小趾痛が治らない・悪化する理由とは?|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

内反小趾痛の根本原因は人によって様々です。何らかの理由で筋肉の損傷を起こし、痛みへと発展するケースもあれば日常生活から来る筋肉の低下などもあります。

当院に来院される方へお聞きしたケースで多いのが、痛みが出ていたが湿布を貼って少し良くなったからそのままにしていた。など、しっかりとした治療をされずにいる方が大半です。

こうして正しく痛みを改善されない状態でいると更に筋肉が固くなり、血液循環の悪化からより一層痛みが悪化する事態を引き起こしています。

痛みは早目の段階で改善することが大切です。

内反小趾痛改善に必要なのは?|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

内反小趾痛改善に大切な事は筋肉を元の通りに、柔軟な状態にし、血液の流れを改善する事です。当院はまずコリの原因のある筋肉の傷を検査で見つけていきます。

そしてその箇所に適切な刺激を与える事で早期改善を図ります。コリが改善されて来たら次に筋肉や筋膜を緩める事で骨盤や脊柱を正しい位置に戻します。当院のメイン施術でもある「MPF療法」は医学的および生理学的根拠に基づいた徒手療法です。

筋肉を適切に圧迫、摩擦すると

  • ・血のめぐりがよくなる

  • ・筋肉の痛みの軽減

  • ・硬さやしこり、しびれの改善など、様々な症状に効果が見込めます。

その効果のほどからMPF療法は、「触るレントゲン」と呼ばれるほどです。

MPF療法は腰痛に限らず、日常生活におけるこんなお悩みにも効果的です

  • ・捻挫や打撲などによる筋肉や関節の痛み

  • ・五十肩で肩が上がらない

  • ・階段の上り下りで足腰が痛いなど、熟練した専門家の手によって患者様のお身体の状態をみて、今の状態にぴったり合った施術を行います。

まさにオンリーワン・オーダーメイドな治療なので、揉み返しも少なく筋肉の状態の改善が見込めます。

痛の施術方法|東京都中野区 ふたば鍼灸整骨院

当院のアプローチ方法

1問診・視診

まずは患者様のお悩みについて、問診で詳しくお聞かせください。さらに、来院時や院内誘導時に患者様の動きやお身体の使い方などもよく拝見して、治療に役立てております。

2的確な運動検査、細部にこだわる触診

問診と視診をもとに的確な徒手検査や一ミリ単位の細部までこだわる触診を行い、お悩みの原因を細かく探ってまいります。

3ご説明と提案

まず、問診、視診、運動検査、姿勢分析、触診から得た患者様のお身体の状態を総合的に判断し、現在の状態をご説明いたします。お身体の状態に合わせた最善な治療法をあわせてご提案いたします。納得いただけるまで丁寧にご説明し、患者様ご自身がよくご理解・ご納得の上で施術に入っていただくことを心がけております。

4触るレントゲンMPF療法で細部までケア

痛みの場合、局所の筋肉の硬さや骨格のゆがみ、拮抗筋の不調和だけが原因とは限りません。何かがきっかけで、過去に傷めた古傷の循環不良が原因で痛みが出るケースもあります。触るレントゲンと呼ばれるMPF療法の特性を最大限に生かし、患者様の症状に合わせて施術を行います。筋肉にできた傷口に直接的に刺激を加えることによって、痛みの軽減、血のめぐりや組織修復を促し、早期改善を図ります。

5通院後のフォロー

改善に向けて患者様が治療をきちんと続けていけるように、患者様一人ひとりに合わせたオンリーワンな通院計画を一緒に立てさせていただきます。また、安心して日常生活を送れるようにライフスタイルに合わせた生活指導など、アフターフォローもさせていただきます。

中野区・中野新橋 ふたば鍼灸整骨院へのお問い合わせ

ふたば鍼灸整骨院

0353084767

住所

〒164-0013
東京都中野区弥生町3丁目27-14

診療時間

[平日]午前 9:00~12:30
午後15:30〜20:00

[祝日]午前9:00
〜午後17:00(昼休みなし)

[休診日] 日曜日のみ

中野区のふたば鍼灸整骨院の地図

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表・アクセス

患者様の声

よくある質問

スタッフ紹介

ブログ