受付時間

ふたば鍼灸整骨院 0353084767

ネット予約

スタッフブログ

腰痛と歩行による痛みはなぜか|中野区弥生町の整骨院

腰痛と歩行による痛みはなぜか|中野区弥生町の整骨院

今回テーマは《腰部脊柱管狭窄》です

 

ボード「腰痛。スポーツ写真」のピン

 

□ バス停の1区間を歩くのに何度も休む

□ 団体旅行でみんなと一緒に歩けなくなった

□ カートなどを使うと、前屈みになり、楽に歩ける

□ 立って家事をするとふくらはぎが痛くなる

□脚がつっぱる、痛くなる、しびれる

 

 

「脊柱管」とは

脊柱(背骨)の中を上下に走る空間で、そこを脊髄とその分枝である神経が通っています。

 

①年齢とともに脊柱を構成する骨や椎間板・靱帯は変形・膨隆・肥厚して脊柱管内部に向けて張り出してきます。

②酷くなると、中を通過する神経を圧迫するようになります。

③圧迫を受けた神経は内部の血流が低下

④その神経が支配する下肢に《しびれ》や《痛み》が出現したり、筋肉に《こわばり》や《筋力低下》を起こします。

 

「間欠跛行」(かんけつはこう)とは、

脊柱管狭窄症の特有な症状で

歩く距離が長くなるにつれて下肢のツッパリや痛み・しびれが強くなり途中で止まらざるを得なくなる現象です。

このとき、痛みを回避する為に、しだいに前屈みになり、しゃがみ込むか腰掛けて休むようになります。

まっすぐ立ったままでは脚がよけいにつらくなるので前屈みにならざるを得ないのです。

 

直立した状態では腰椎の脊柱管内部がより狭くなり、「少ししか歩けない」

前屈みになると脊柱管内部が広がることにより、「また歩き出せる」

この一連の繰り返し歩行が、「間欠跛行」になります。

 

 

さらに詳しく、

腰部脊柱管狭窄症での間欠跛行。

 

腰を伸ばして歩くと神経が圧迫され血流が悪くなります。

前屈みの姿勢は神経の圧迫が軽減され血流が増加。神経が楽になりより長く歩けます。

(一般的な姿勢の良し悪しのイメージと逆ですね)

 

メカニズム

背筋をのばして歩くと、

背骨の各骨と骨の間に挟まれてあり、クッションの役目をしている、「椎間板」が後方に向かって膨らみます。

そして、背骨後側にある脊柱管の後方に、黄色靱帯が、前に張り出した結果、《神経が圧迫を受け血流が低下》します。

血流低下が継続して行なわれる事により、神経には炎症・うっ血・浮腫が生じ、機能低下や過敏性が出てきます。

 

その逆の前屈みになると、

椎間板の膨らみが小さくなり、神経の入っている脊柱管の窮屈が減ります。

黄色靱帯が伸びて前方への張り出しがなくなります。

その結果、下肢の痛み・しびれ・硬直・筋力低下といった神経の症状が減ります。

 

 

日常生活では、

腰部脊柱管狭窄症の患者さんは歩行中、しだいに前屈みの姿勢になります。

これは体が無意識のうちに神経に負担のかからない状態に適応している状態(疼痛抑制姿位)なので、一番楽な姿勢です。

 

ところが、多くの場合ご本人は「姿勢が悪いから腰や脚が痛くなるのでは」「もっと背筋を伸ばして歩かないといけない」と考え、前屈みの姿勢に違和感をじておりませんか?

 

周りの人が「姿勢が悪いから痛くなるのだ」「年寄りじみた歩き方をやめなさい」などと誤った指摘をされて、不安になった事はありませんか?

 

腰部脊柱管狭窄症の方は無理をせず前屈みで歩いた方がいいのです。杖やカートを積極的に利用して前屈みの姿勢を保ったまま歩いて下さい。

 

《ふたばでは、》

基本、腰の神経を圧迫している周りの筋肉、多裂筋、最長筋。

むくみ、炎症、筋肉の硬結の範囲が広い場合は腸肋筋も含めて手技治療で対応していきます。

 

治療においては、解剖学的に筋肉を蝕察で、さわり分ける事により、治療・回復に必要な、原因筋を指のセンサーで探し出し、医学的・科学的の根拠に基づいた、手技での刺激療法【MPF療法】にて筋肉の回復を促す事により、回復のお手伝いをさせて頂きます。

 

筋肉蝕察講習で落とし込まれたスタッフが、

早く楽な日常生活に戻れる様に、サポートさせて頂きます。

 

 

その結果、

《治療により神経の炎症や浮腫が軽減すると自然に背筋が伸びてきます》

 

「ふたば治療は、

それだけではありません!」

 

患者様の筋肉症状に応じて、

トリガーポイントを利用した【鍼灸治療】を用いて、患部の痛みの軽減・改善。

筋膜リリースを利用した当院独自の【骨盤矯正】【姿勢矯正】を用いて、症状の再発防止やその後の健康維持のための【根本改善】も行っております。

 

ふたばではオンライン問診の受付も行っています。

https://futabaseikotsuin.net/other/27435/より受け付けています。

 

【中野新橋駅徒歩8分・中野富士見町駅徒歩12分・幡谷駅徒歩17分】

ふたば鍼灸整骨院

TEL 03-5308-4767

東京都中野区弥生町3-27-14

中野区・中野新橋 ふたば鍼灸整骨院へのお問い合わせ

ふたば鍼灸整骨院

0353084767

住所

〒164-0013
東京都中野区弥生町3丁目27-14

診療時間

[平日]午前 9:00~12:30
午後15:30〜20:00

[祝日]午前9:00
〜午後17:00(昼休みなし)

[休診日] 日曜日のみ

中野区のふたば鍼灸整骨院の地図

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表・アクセス

患者様の声

よくある質問

スタッフ紹介

ブログ